簡体字繁体字

(お知らせ:こちらのページで説明している内容は、既にスマートフォンか携帯電話を持っていて3大キャリア(au、ドコモ、ソフトバンク)と契約している方向けの内容です。もしもまだスマーフォンや携帯電話で使う電話番号をお持ちでない方は、通話用SIM(デュアルタイプ)のSIMカードを購入すると、マイネオから電話番号がもらえますので、こちらのページを読み進める必要はありません。)

今の電話番号を引き続きMVNOで使うには、MNP手続きが必要です。

もしもau、ドコモ、ソフトバンクの3大通信キャリアと契約しているスマートフォンや携帯電話を既に持っていて、新しく契約を考えているMVNO(マイネオや楽天モバイル等)でも今の携帯電話番号を使いたいと思っている場合、『MNP手続き』
携帯電話番号は、『MNP手続き』を経ることで、古い通信業者から新しい通信業者へ引き渡されることになります。

『MNP手続き』って大層な名前がついてますが、実はとても簡単です。
まずは、現在契約している通信業者(3大キャリア)と連絡を取って【MNP予約番号】という数字を発行してもらいます。
次に、新しく契約する通信業者(マイネオや楽天モバイルなどのMVNO)への申し込みの際、さきほど入手したMNP予約番号を入力します。
最後に、MVNOから届いたSIMカードをスマートフォンに入れた後の初期設定でMNP予約番号を入力すれば、完了です

つまり、MVNOへの申し込み前に必要なのは、『今契約している通信事業者からMNP予約番号をもらう』。これだけです。

『MNP予約番号』 の基本知識

『MNP予約番号』 について、おさらいしておきましょう。

・『MNP』の読み方はそのまま、「エムエヌピー」。
・現在の通信事業者(大手3キャリア)に発行してもらってからの有効期限は当日を含めた15日間。
・有効期限を過ぎたMNP予約番号は使えないので再発行が必要。
・現在の通信事業者からMNP予約番号を発行してもらっても解約にはならない。新しい通信事業者(MVNO)の契約時にMNP予約番号を使う事により、現在の通信事業者とは解約となる。
・MNP予約番号を発行してもらうこと自体は無料。実際に解約となった場合に『MNP転出費用』として、2,000円~3,000円程度の費用が発生する。

auユーザーのMNP予約番号の入手方法

auユーザーがMNP予約番号を入手する方法は2つあります。

電話をかける方法と店舗(auショップ)に行く2つの方法がありますが、店舗に行って長時間待たされるということが無いため、電話をかける方がおすすめです。

auユーザーが電話で【MNP予約番号】を入手する方法

電話をかける時間によって繋がりやすさは違いますが、スムーズにいけば10分くらいでMNP予約番号を入手する事ができます。

MNP予約受付センター
0077-75470(au携帯電話/一般電話共通)

1. 音声に従って操作します。僕の時、最初は『1』(予約の申し込み、お問い合わせ)を押しました。

2. オペレーター(スタッフ)に繋がったら、『MNP予約番号をお願いします』と伝えましょう。

3. 以下、オペレーターが確認してきますので準備しておきます。
 ・契約者の氏名
 ・生年月日
 ・携帯電話番号
 ・パスワード(auで契約した際に決めた4桁のパスワード)
 ・解約の理由 ⇒ もちろん何でも良いのですが、オペレーターは出来るだけあなたをauに引き留めようとしてきます。『もう決めていますので早くMNP予約番号を下さい』というような態度で伝えると、「残念です」と言いながらMNP予約番号をくれます。

4. さらに、MNP予約番号発行に際して、以下のような内容の説明があります。

・auとの契約について、『更新月』であるかどうか。『更新月』というのは、契約から24ヶ月を過ぎた翌月と翌々月(契約から25ヶ月目と26ヶ月目。以降2年毎。)のことで、この間は解約手数料が発生しません。『更新月』以外の解約には1万円前後の解約手数料が必要になります。

・あなたの“auポイント”の確認。(毎月の支払いで自動で溜まってたりします)。auポイントが溜まっている場合、何に使うか尋ねられることがあります。スマートフォンのカバーなど、いくつかポイントで交換できるものが準備されています。

・auでスマートフォンを分割で購入した人は、ローンが完済しているかを確認されます。もし支払いがまだ残っている場合、解約日の属する月末に完済するか、または引き続き分割を継続するかを決めることになります。

5. 文字にすると多いですが、上記内容の確認は10分程度です。確認完了後、オペレーターから、「MNP予約番号を伝えるのでメモしてください」と言われます。後で送ってくるショートメールにも書いてあるので必要ないのですが、大事なものなので、できれば一応メモしておきましょう。

【auユーザーがauショップでMNP予約番号をもらう方法】

auショップでMNP予約番号をもらうメリットは、電話では理解しにくいことをその場で教えてもらえることでしょうか。但し、曜日や時間帯によっては数十分間待たされることになりますので、時間と気分に余裕のある時にしましょう。

また、電話の時でもそうですが、auショップのスタッフはできるだけ顧客の流出を避けようとして、あの手この手と使ってきます。『最近新しくこういうプランができました』、『継続してもらえるならauポイントを差し上げます』など様々です。
ポイント進呈や減額などの提案があった場合、MVNOにした時の月額利用料金の下がり幅と比べてみて下さい。すぐに提案を断る気になると思います。

auショップに行って面と向かってしまうと、やはり電話よりもはっきりと断りにくいですが、時間の無駄ですので、『もう決めてますので』とはっきり断りましょう。

MNP予約番号をもらうためにauショップに行く際の持ち物ですが、本人確認用書類と今使っている携帯電話、あとは念のため印鑑を持っていきましょう。最近はほとんどのショップでタブレットに電子サインをするようになっていますので、おそらく使いませんが。

また、最初にauで契約をした際にあなたが決めた4桁のパスワードも聞かれることがあります。身分証があればパスワードが分からなくても大丈夫かも知れませんが、調べられるのなら調べてメモしておきましょう。

auショップでMNP予約番号をもらう手順

1. auショップに入ったら、スタッフに『他社へMNP転出をしたいのですが』と告げて、番号札を貰います。

2. 順番がきたら、担当スタッフに解約とMNP予約番号が欲しいことを伝えます。

3. auのアンケートに記入します。

4. あなたとauの契約について『更新月』かどうかを調べます。更新月は2年に1度、2ヶ月間あり、更新月に解約すると解約手数料は発生しません。更新月でない場合は解約手数料(約1万円)が必要になります。

5. 身分証を使って本人確認をします。

6. あなたの“au WALLET ポイント”を確認します。(毎月の支払いなどでも勝手に溜まってます)。ある程度のポイントが溜まっている場合、スタッフから携帯電話用のグッズに交換するなどの提案があるかも知れません。このポイントについては解約を決めた時点で使い切れるよう考えておいた方が良いと思いますので、別ページで詳しく説明します。

7. auでスマートフォン等を分割で購入している場合、未払いの分(残金)が無いかを確認します。残金がある場合、解約日の属する月末に一緒に完済するか、または今後も分割払いを続けるかなどを決めることになります。

8. タブレットへの電子署名。

9. “MNP重要事項説明書兼同意書”のコピーと"MNP予約番号"を受け取ります。

また、auのスタッフから以下のような説明があります。
・MNP予約番号の有効期限は当日を含めた15日。15日を過ぎてMNP先(乗り換え先の通信事業者)と契約をしていない場合、MNP予約番号は使えなくなる。(再申請は可能)
・乗り換え先の通信事業者とのMNP手続きが完了次第、auのキャリアメールは使えなくなる。
・MNP転出費用として3,240円が必要。

MNP予約番号の有効期限は15日しかありませんので、新しく契約を考えている通信事業者(MVNO)への申請は早めに行いましょう。

ドコモユーザーが【MNP予約番号】を取得する方法

ドコモユーザーがMNP予約番号を入手する方法はいくつかあります。 1.電話で取得 / 2.ネットで取得 / 3.imodeを使って取得 / 4.ショップで取得。

最も簡単な方法は、、、
2.ネットで取得 です。【My docomo】から簡単にMNP予約番号を入手することができます。

ドコモユーザーが【My docomo】からMNP予約番号を入手する方法

パソコンまたはスマートフォンで Mydocomo を開きます ⇒ Mydocomo

下の方までスクロールし、『ドコモオンライン手続き』の欄にある『もっとみる』をクリック。

下の方までスクロールし、『携帯電話番号ポータビリティ予約』欄を探し、『お手続きへ』をクリック。

下までスクロールして、『解約お手続き』をクリック。

下へスクロールした後、 『上記注意事項を確認しました。』にチェックを入れてから 『次へ』をクリック。
ここでポイント・解約手数料・携帯電話本体の料金残額などについての確認があるので、同じように3回ほど繰り返します。

項目2.『携帯電話番号ポータビリティを予約する』。にチェックを入れます。
また、項目3.『受付確認メールの送信先』について注意が必要です。というのも、後ほどこのアドレスにMNP予約番号の書かれたメールが届くことになるため、確実に受け取ることのできるメールアドレスになっているかを確認しておきましょう。
項目2、項目3、共に問題無ければ『次へ』をクリックします。

次のページでは、 『手続き内容を確認する』 をクリックします。

次のページでようやく【MNP予約番号】が表示されます。
『受付番号』ではありませんので注意して下さい。
『予約番号』と書かれているのが『MNP予約番号』で、MVNOと契約する際に必要になるものです。

ドコモユーザーが電話でMNP予約番号を入手する方法

【My docomo】を使ったMNP予約番号の入手もお手軽ですが、電話も繋がりさえすれば10分ほどで済ませられるので便利ですよ。

1. まずは、【ドコモ インフォメーションセンター】に電話します。
ドコモの携帯電話からの場合は 『151』
一般電話などからの場合は 『0120-800-000』 になります。
どちらも無料です。

ドコモ インフォメーションセンター
151(ドコモの携帯電話)
0077-75470(一般電話など)

2. 音声に従って操作します。(僕が書けたときは最初【4】、その後【2】を押し、4桁のパスワードを入力しました。)

3. オペレーションと繋がった後は、以下のようなことを聞かれます。
 ・契約者の氏名
 ・生年月日
 ・住所
 ・携帯電話の番号や機種
 ・4桁の暗証番号
 ・解約の理由 ⇒ 正直に答えても適当に答えてもOKです。

4. 上の内容を確認後、オペレーターからMNP手続きに関する説明があります。
 ・あなたとドコモの契約について、『更新月』であるかどうか。
『更新月』というのは、契約から24ヶ月を過ぎた翌月と翌々月(契約から25ヶ月目と26ヶ月目。以降2年毎。)のことで、この間は解約手数料が発生しません。『更新月』以外の解約には1万円前後の解約手数料が必要になります。
 ・MNP転出費用として2,160円が必要なこと。
 ・MNP予約番号の有効期限は当日を含めて15日間で、もし有効期限内に新しい事業者とMNP手続きをしていない場合、そのMNP番号は使えなくなるということ。

5. オペレーターから【MNP予約番号】を伝えられますので、番号と有効期限をメモします。

ソフトバンクユーザーが 【MNP予約番号】 を入手する方法

ソフトバンクユーザーが 【MNP予約番号】 を入手する方法は電話での手続きと、店舗(ソフトバンクショップ)での手続きになります。
ガラケーのみ、My Softbank からMNP予約番号の入手も可能です。

ソフトバンクユーザーが 【電話で】 MNP予約番号を入手する方法

日によって繋がりやすさの違いはありますが、電話で【MNP予約番号】を入手するのがおすすめです。スムーズにいけば10分で済ませることができますよ。

1. ソフトバンクの【携帯電話番号ポータビリティ(MNP)お問い合わせ窓口】に電話します。
ソフトバンク携帯電話からなら、『5533』
その他の電話からは、『0800-100-5533』にかけます。
(どちらも無料)。

携帯電話番号ポータビリティ(MNP)お問い合わせ窓口
5533(ソフトバンク携帯電話)
0800-100-5533(一般電話など)

2. 音声に従って操作します。僕の時は『1』を押しました。(「MNP予約のお申込みは『1』を押してください」と聞こえました)

3. 4桁のパスワードを入力します。暗証番号が分からない場合、そのまま待っているとオペレーターに繋がります。(故意かどうか知りませんが、オペレーターに繋がるまで結構な時間がかかりますので、スピーカー状態にして別のことをしながら待つと良いです)

4.オペレーターに繋がったら、MNP予約番号が欲しいことを伝えましょう。その後、オペレーターから以下内容について質問されます。
 ・契約者(あなた)の氏名
 ・生年月日
 ・携帯電話番号、携帯電話の機種
 ・解約の理由と、乗り換え先の社名。
 ・ソフトバンクへの引き留めのためのポイント提案や【Y!モバイル】への乗り換え提案などされますが、「もう決めてますので!」で断りましょう。

4. 上の内容を確認後、オペレーターからMNP手続きに関する説明があります。
 ・あなたとソフトバンクとの契約について、『更新月』であるかどうか。
『更新月』というのは、契約から24ヶ月を過ぎた翌月と翌々月(契約から25ヶ月目と26ヶ月目。以降2年毎。)のことで、この間は解約手数料が発生しません。『更新月』以外の解約には1万円前後の解約手数料が必要になります。
 ・MNP転出費用として2,160円が必要なこと。
 ・MNP予約番号の有効期限は当日を含めて15日間で、もし有効期限内に新しい事業者とMNP手続きをしていない場合、そのMNP番号は使えなくなるということ。

6. 説明が終わると、いよいよMNP予約番号を教えてくれるのでメモします。後ほど届くショートメールにも書いてありますが、念のためできればメモしておきましょう。

ソフトバンクユーザーが【ソフトバンクショップ】でMNP予約番号を入手する方法

MNP予約番号をもらうためにソフトバンクショップへ行く場合、本人確認書類だけは忘れないようにしましょう。ショップに行くと、込み具合にもよりますが数十分から数時間も待たされることもありますので、やはり電話の方がおすすめです。

ソフトバンクショップに入り、MNP予約番号が欲しいということを伝えて受付番号を貰ったら、後は順番が来るまでひたすら待ちましょう。(MVNOであれば、こういう手続きも全てマイページなどで処理できるのでラクチンです)

また、まれな例かも知れませんが、MNP予約番号をもらうためにソフトバンクショップへ行ったところ、「ではここに電話してください。」 と、【携帯電話番号ポータビリティ(MNP)お問い合わせ窓口】の電話番号を教えられたという人もいますので、やはり電話での手続きがおすすめです。(忙しいスタッフからすると、解約のために来た人に時間を取られるのは煩わしいのかも知れませんね)

ソフトバンクユーザーが【My Softbank】 でMNP予約番号を入手する方法

※スマートフォン、iPhoneからの申し込みはできません。ガラケーのみです。

My Softbankにログインし、以下のように操作します。
『設定・申し込み』 → 『設定・変更』 → 『契約者情報の変更』 → 『番号ポータビリティ(MNP)、予約関連手続き』 → 『MNP予約番号の発行』