簡体字繁体字

楽天モバイルの最新キャンペーン

9月30日まで!人気のスマホがお得にゲットできるキャンペーンを実施中!
SPECIAL SALE!早秋のスマホ割引キャンペーン楽天モバイルの最新キャンペーン情報はこちらから! → セール情報

楽天グループが提供する人気の格安SIM 『楽天モバイル』

楽天モバイルの料金形態はとってもシンプル。1ヶ月でどのくらいの高速データ通信が必要かを自分で決めることで、月額料金が決まります。大手キャリアの定額プラン等で必要ないものにまで払いすぎていた分が節約できるので、ほとんどの人が毎月の通信費用を半額以下にすることができるんです。

楽天モバイルの公式サイト → 【楽天モバイル】

『電話(通話)料金が定額じゃないと不安』 と言う人は、月額850円(税別)で5分以内の国内通話を何度かけても追加料金が発生しない人気の追加オプション『5分かけ放題』がおすすめですよ。

また、楽天モバイルはSIMカードだけでなく、魅力的で多彩な端末から選ぶこともできます。日本製スマートフォンでモバイルsuicaやEdyなどが利用できるおサイフケータイを搭載している人気機種や、高品質カメラを内蔵したHUAWEIの最新機種など、多彩なラインアップから選ぶことができます。

他にも、楽天市場 や人気の通販ショップでも使える楽天ポイントを貯められたり、楽天ポイントで楽天モバイルの支払いができたりと、特に楽天市場でよく買い物をする人にとってはメリットが多くなっています。楽天モバイルを使っている間は常に楽天市場でのポイント獲得率が上がるなど嬉しい特典もあり、通信費にとどまらないメリットを受けることができるんです。

初心者にも分かりやすいセットになった「スーパーホーダイ」

楽天モバイルには、他のMVNO(格安SIMを提供している会社)と同じように、自分でデータ容量やオプションを選ぶ「組み合わせプラン」と、データ通信と5分かけ放題が最初からセットになっている人気のプラン、「楽天モバイル スーパーホーダイ 」があります。

まずは、初心者でも選びやすいと人気のスーパーホーダイから見ていきましょう。

スーパーホーダイの解説と人気の理由

  • 1. 契約期間の長さによって割引があり、最大2万円安くなる。
  • 2. もしもデータ容量を使い切ったとしても通信速度最大1Mbpsが使い放題!
    ( 通信が混み合う時間帯(12:00~13:00、18:00~19:00)は最大300kbps )
  • 3. 5分かけ放題がついている。
  • 4. 利用初月はどのプランにしてもプランSと同じ月額料金の1,980円!
  • 5. 当月内に余ってしまった高速通信容量は翌月に繰り越しが可能!
  • 6. 楽天市場でのショッピング時、常にポイントがプラス1倍!
  • 7. 楽天会員のポイント口座登録で、1年間の月額基本料金が1,000円割引!
  • 8. 楽天会員のランクがダイヤモン会員の場合、月額料金がさらに500円割引に!

たくさんありますね。1つ1つ確認していきましょう。

1.契約期間の長さによって割引があり、最大2万円安くなる。

下の表は楽天モバイルの公式サイトで使用されているものですが、この表を説明していきますね。

楽天モバイル公式サイト、長期契約による特典の説明ページ → 長期優待ボーナス

・契約時に自分で選択する最低利用期間によって、割引額や付与されるポイントが変わります。
→ 2年未満を選ぶと割引は適用されません。

・2年の契約なら1万円(または1万ポイント)、3年の契約なら2万円(または2万ポイント)の割引または楽天スーパーポイントの付与となります。

・スマートフォン端末とSIMの同時購入の場合は「端末の料金から割引」されます。もしも端末の価格が割引額よりも安い場合、差額分は楽天スーパーポイントがもらえます。SIMカードのみの契約の場合、楽天スーパーポイントが付与されます。
※楽天スーパーポイントは、1ポイント1円として、楽天市場やその他の通販サイトなど、様々なサービスで利用することができます。 楽天カードを作るとさらに便利・オトクに使いこなせます。

・2年契約、3年契約とも、期間満了までに契約を解除する場合は契約解除料が発生しますので確認しておきましょう。

2.もしもデータ容量を使い切ったとしても通信速度最大1Mbpsが使い放題!

スーパーホーダイが人気のある一番の理由がこれかも知れません。と言うのも、格安SIMの月額料金は普通、高速データ通信の容量によって変わります。例えば、楽天モバイルのプランSなら高速データ通信の容量は2GB、プランMなら6GB、プランLで14GBとなります。

楽天モバイルの「組み合わせプラン」も含め、他の一般的な格安SIMの場合、毎月の高速データ通信の容量を使い切ると、翌月までは大体200kbpsといった低速モードのデータ通信に制限されて、翌月まで我慢しなければいけないのですが、スーパーホーダイの低速モードは、5倍の速さ、1mbpsが使い放題なんです。(混雑時のみ300kbpsの制限があります)

下の表にもあるように、スーパーホーダイの低速モード(1Mbps)でも動画をサクサク見られるとまではいきませんが、1Mbpsあれば動画鑑賞以外ならほぼストレスなく使えるため、普段は高速データ通信をオフにして低速モードで使い、より速いデータ通信が必要な場合にのみ高速データ通信をオンにするというような使い方をしている人も多いようです。

3.5分かけ放題がついている。

格安SIMは3大キャリアと比べると確かに通信費用を格段に安くできますが、通話する際の料金が30秒20円と非常に高いため、何も対策をせずに通話をしてしまうと、逆に3大キャリアよりも高くなってしまうことになります。そこで、格安SIMを提供している各社とも、追加オプションとして800円~1,000円程度で『かけ放題』というサービスを提供しています。

楽天モバイルの「スーパーホーダイ」の場合、プランS、M、Lともに「かけ放題」の費用が込みになっているので追加費用は必要ありません。スーパーホーダイのかけ放題の条件は以下のようになります。

・1回の通話が5分以内なら、何度かけても通話は無料。
・5分超過後の通話料は30秒10円

他のMVNO(格安SIMを提供している会社)によっては、超過後の通話料に割引が無く30秒20円という場合もありますので、スーパーホーダイのかけ放題は良心的な方だと言えるでしょう。

4.利用初月はどのプランにしてもプランSと同じ月額料金の1,980円!

スーパーホーダイの月額基本料金は、プランS、プランM、プランLで当然料金は異なりますが、契約初月のみ、どのプランにしても1,980円となります。※楽天会員でない方は、月額基本料が2,980円となるので、先に楽天会員になっておきましょう。 楽天会員申し込み(別窓で開きます)

使い切らなかった容量は翌月まで繰り越して使えますので、初月のみプランLで申し込んでおき、2ヶ月目からプランS、Mに変更すれば、ちょっとオトク感を味わうことができますね!

ちなみにプラン変更は、楽天モバイル契約後にログインできるメンバーズステーションから無料で簡単にできますが、毎月1日~25日の間のみ変更できるので注意しましょう。

5.当月内に余ってしまった高速通信容量は翌月に繰り越しが可能!

上でも少し触れましたが、どのプランを選んでも、当月内に使い切らずに余ってしまった高速データ通信の容量は翌月に繰り越して使うことができるので安心です。よほどの事がない限りは翌月にも使い終わらないということは無いと思いますが、翌々月には繰り越せませんので、注意しましょう。

6.楽天市場でのショッピング時、常にポイントがプラス1倍!

日本で最も人気のある通販と言えば楽天市場とamazonですが、楽天モバイルの通話SIMを使っていると、楽天市場でのショッピング時に通常100円で1ポイントもらえるポイントが常にプラス1倍(100円で2ポイント)になります。

楽天のポイントは1ポイント1円として使うことができますので、これは地味にうれしい特典ですね。

※楽天スーパーポイントの獲得率がプラス1倍になるのはスーパーホーダイだけでなく、組み合わせプランでも適用されます。

7.楽天会員のポイント口座登録で、1年間の月額基本料金が1,000円割引!

本来、スーパーホーダイで最も安いプランSの1年目の月額基本料は2,980円なのですが、楽天会員のポイント口座を登録しておけば、1,980円にすることができます。

・・・とは言え、スーパーホーダイの月額料金表などすべて『プランS=1,980円』と、楽天会員割を適用した価格を大きく表示していますので、楽天会員になると1,000円安くなると言うよりも、楽天会員割を適用しないと月額料金が1,000円高くなる、というイメージの方が強いですね。

8.楽天会員のランクがダイヤモン会員の場合、月額料金がさらに500円割引に!

楽天会員のランクが『ダイヤモンド』の人は、月額料金が500円引きになるというものです。プランSを例にすると、値引きなしの2,980円が楽天会員なら1,980円。ダイヤモンド会員の人は1,480円になるので、これは本当にオトク感があります。

ただ、よほどのヘビーユーザーでないとダイヤモンド会員にはなれず、ランクのキープもできませんので、スーパーホーダイの月額料金のためにダイヤモンド会員になるというのは現実的ではありません。

スーパーホーダイの注意点

・契約(開通)月を1ヶ月目として12ヶ月間の最低利用期間があります。12ヶ月以内の契約解除には9800円(税別)の契約解除料が必要です。

・最低利用期間2年または3年を選んで長期優待ボーナスを受けている人で、最低利用期間内に契約解除をする場合、それぞれの契約内容にある契約解除料が必要になります。

・同じ楽天モバイルでも、組み合わせプランで適用される「初月無料」はスーパーホーダイには適用されません。

・楽天会員でない人には楽天会員割が適用されないため、他の格安SIMと比べて割高になります。

・2年目はそれぞれのプランで1年目よりも1,000円高くなります。

・スーパーホーダイの最低利用期間中にできるプラン変更は、スーパーホーダイのS、M、Lのどれかへの変更に限られます。スーパーホーダイ以外へのプラン変更は、最低利用期間経過後となります。

『組み合わせプラン』について

組み合わせプランとは、ある程度セットになった『スーパーホーダイ』のプランとは異なり、お好みの高速通信容量や通話オプションを自分で選び、組み合わせるプランの事です。

まずは、月額基本料から見ていきましょう。

楽天モバイルの『組み合わせプラン』は、まず『通話SIM』、『050データSIM』、『データSIM』の3種類からSIMカードを選んだあと、高速データ通信容量を選びます。

3種類のSIMカードの違い

組み合わせプランの表内にある3種類のSIMカードを1つずつ見ていきましょう。

左端にある『通話SIM』は、電話番号を使った通話とインターネット通信のどちらもできるSIMカードです。スマートフォンの月額料金を下げるために格安SIMを探している人は、この通話SIMを選ぶことになりますので、あとは左端の列からご希望の『高速データ通信の容量』を選べば、月額基本料金を知ることができます。

右端にある『データSIM(SMS無し)』はデータ通信(インターネット使用)のみが可能なSIMカードです。電話番号が無いので、当然電話番号を使った通話はできません。また、『SMS無し』のため、大手キャリアで使えていた電話番号を使ったショートメールも使用できません。電話番号を使った通話はできませんが、LINEやSKYPEなどのアプリを使った通話機能は使えますので、「会話はほとんどチャットで済ますし、通話はアプリの通話機能だけで充分」という人は、この『データSIM(SMS無し)』でも良いでしょう。

中央の『050データSIM(SMSあり)』は、先ほど説明した『データSIM(SMS無し)』にSMS(電話番号を使ったショートメール)と050電話番号を使った電話をかけることのできるSIMカードです。データSIMなのに、Viberというアプリを経由すれば電話番号で着信、発信ができるという少し変わったサービスです。発信には通話料金が必要で、携帯電話宛てなら10.60円、固定電話宛てなら3.24円(2017年9月時点)となっていますが為替レートにより変動するため、最新の通話料はViberのサイトで確認する必要があります。

特に電話番号が必要ないのでしたら中央の『データSIM(SMS無し)』を選び、LINEやSKYPEのアプリで通話をすれば通話料金が不要なので、そちらの方が良いような気がします。

以上3つのSIMカードを紹介しましたが、やはりほとんどの人は通話SIMを選ばれています。iPadなどのタブレット端末で通話の必要がなく、インターネット接続だけが必要という場合のみ、データSIMを選ぶことになりそうです。

組み合わせプランの最低利用期間

楽天モバイルの組み合わせプランには1年間の最低利用期間があります。開通月を1ヶ月目として12ヶ月以内の解約には契約解除料として9,800円が必要になります。

au、ドコモ、ソフトバンクなど大手キャリアの場合、2年毎にある更新月以外に解約すると2年以上経過していても解約違約金が発生しますが、楽天モバイルの組み合わせプランの場合は『最低利用期間12ヶ月』さえ過ぎれば、あとはいつ解約しても契約解除料は不要です。

『5分かけ放題』について

『組み合わせプラン』は、『スーパーホーダイ』とは違い、通話SIMを選んでも5分かけ放題は含まれていませんので、必要な場合は自分でオプションとして追加することになります。

5分かけ放題オプションは850円/月で、5分以内の国内通話が何回かけても無料になります。また、通常30秒で20円の通話料が、5分かけ放題をオプションで追加しておくと、5分超過後の通話料が30秒で10円と、通常の半額になりますので、もしも5分を過ぎてしまっても安心感があります。

月額基本料が1カ月無料 特典について

楽天モバイルは『組み合わせプラン』の場合、『月額基本料が1ヶ月無料』の特典が適用されます。これは、利用開始日が属する月の月額基本料が無料になるという特典です。

利用開始日が属する月とは、MNP を行う場合はMNPが完了した日が属する月、それ以外の場合は楽天モバイルからSIMカードを受け取った日が属する月になります。それでは、『月額基本料が1ヶ月無料』の特典について詳しく見ていきましょう。

・利用開始日を月の初めに合わせる事で特典を最大限に活かす。
利用開始日が月の初め(例えば1日)の場合、最大30日ほど月額基本料無しで利用できることになります。逆に、月の終わり(31日)の場合、月額基本料無しで利用できるのは1日だけになってしまいます。

・1ヶ月分が無料になるのは『月額基本料』のみ。
『月額基本料が1ヶ月無料』の特典で無料になるのは、その名の通り、『月額基本料』のみです。追加で契約した各種オプションの費用や、通話料金がタダになるわけでは無いので注意しましょう。
特に初月の通話料金がタダだと勘違いしてたくさん電話をかけたりすると、通話料が高額になりかねませんので勘違いのないようにしましょう。

ベーシックプランとその他のプランの違い

電話番号を使った通話のできる『通話SIM』でも1,250円と、格安SIMの中でも特別に安い価格で提供されている「ベーシックプラン」ですが、その他のプランとは明確な差がありますので、その差を見ていきましょう。

ベーシックプランを知るため、まずはベーシックプラン以外についておさらいします。

ベーシックプラン以外というと、3.1GB、5GB、10GB、20GB、30GB、というプランがありますが、この数字は1ヶ月に使える高速データ通信の容量です。例えば『3.1GB/月』であれば、下り最大262.5Mbps、上り最大50Mbpsという高速通信を、1ヶ月間に3.1GB分まで使用することができます。そして、1ヶ月間の中で3.1GB分の容量を超えた後は、最大200Kbpsという低速の通信でしか接続できなくなります。

ベーシックプランは、この「高速通信」の容量が最初から無く、インターネット接続は常に低速で行うというプランになります。ですので、外で動画を見たり、頻繁に写真(画像)を送ったりすることがあるという人は、ベーシックプランはとても不向きだと言えるでしょう。

200kbps(低速通信)でできること

LINEやSKYPEなどのアプリでメッセージや絵文字、スタンプを送ることに関してははストレスなく使えます。ただ、写真を送信しようとすると、できなくは無いのですが、数秒~数十秒間、送信中のマークが出て、その間は受け取り側が開けない状態が続きます。

ウェブサイトの閲覧に関しては、画像の少ないテキストばかりのサイトでしたら、ストレスを感じながらも閲覧は可能です。画像の多いウェブサイトだと開くまでに相当な時間が掛かり、タイムアウトでページを開けないということが多くなります。

Youtube等での動画閲覧は、実質不可能というレベルです。時間帯やスマートフォンの機種にもよるのですが、動画を見れなくはありませんが(タイムアウトにはなりませんが)、最初の読み込みで数十秒待たされ、始まったと思ったら数秒後に再び動かなくなり、また数十秒待たされる、というようなことを繰り返すことになります。動画の内容よりもストレスの方が大きいため、実質不可能と言えるでしょう。

楽天モバイルが使いやすい色々な理由

プランの変更は無料で簡単!

組み合わせプラン内での変更は、楽天モバイル加入後に使える『メンバーズステーション』から簡単に、無料で出来ます。ですので、容量をどれにすれば良いか迷っている人は、最初は人気のある3.1GBや5GBを選んで申し込み、1、2ヶ月後の状況によってプラン変更をするといった使い方もオススメです

プラン変更にかかわる注意点として、以下内容を理解しておきましょう。

・プラン変更は1ヶ月に1度しかできません
・毎月1日から25日の23時59分までがプラン変更の申し込み可能日
・申し込みが完了すると、翌月の1日からプランの変更が反映されます

SIMとセット販売している端末が多彩!

楽天モバイルの特徴の1つとして、扱っているスマートフォンやタブレットの種類が多いということも挙げられます。2018年1月時点でスマートフォンの種類は20種類以上、タブレット端末は4種類。

楽天モバイル公式サイト → 販売端末一覧

また、格安SIMには珍しくiPhone SEも扱っており、格安SIMを提供しているMVNOの中でもトップクラスの品揃えとなっています。

契約期間について

大手キャリアでの一般的な契約では2年毎に自動更新され、さらに更新月以外に解約をしようとすると多額の解除料を払う必要がありますが、楽天モバイルには自動更新が無いので安心です。

・組み合わせプランのデータSIMの場合、最低利用期間も契約解除料もありません。

・組み合わせプランの通話SIMの場合、最低利用期間は12ヶ月です。
・スーパーホーダイでの契約の場合、最低利用期間は12ヶ月、24ヶ月、36ヶ月の内からご自身で選びます。
(長い方が割引の特典がありますが、ご自身で選んだ最低利用期間内の解約には所定の解除料が必要となります)

今使っている電話番号を変える必要はありません

今使っている携帯電話・スマートフォンの電話番号は、楽天モバイルでもそのまま継続して使うことができます。1つの電話番号を、今契約している通信会社から別の通信会社で使えるようにすることを『MNP』と言います。

しかも、自宅でお好きなタイミングで楽天モバイルへの変更ができるので、電話の使えない時間も15分程度で済ませることもできるんです。楽天モバイルの電話番号乗り換えMNP というページでは初心者にも分かりやすいよう詳しく説明されていますので、確認しておきましょう。

楽天モバイルSIMアプリ

楽天モバイルで契約した方は、楽天モバイルSIMアプリをインストールすると更に快適に利用することができます。

当月のデータ残量や直近4日間に使用した通信料がグラフで表示されるので一目で分かります。他にも、高速通信のオン・オフ切り替え、楽天スーパーポイントの管理、通話明細、その他の利用状況が簡単に確認でき、さらに使い勝手もどんどん改良されており、楽天モバイルユーザーならば是非インストールしておきたいアプリと言えます。

どうしてもの時には追加チャージが可能

あまり無いとは思いますが、組み合わせプランの高速通信容量を使い切ってしまい、どうしても高速通信が必要になった場合には高速通信容量の追加チャージが可能です。

追加チャージは、100MB/324円、 500MB/594円、 1GB/1,048円となっています。月額プランの料金と比べると高めの値段設定にされているので出来れば使いたくはないサービスですが、どうしても高速通信が必要な場合には、追加をすればすぐに使える心強い方法なので、覚えておきましょう。

楽天モバイルの申し込みに必要なもの

本人名義のクレジットカード
ご契約者本人のクレジットカード、または楽天銀行デビットカードが利用できます。クレジットカードを持っていない人は、審査に通りやすい楽天カードが便利ですよ。
しかも、楽天モバイルの契約と楽天カード所有ということで、楽天市場 でショッピングする際のポイント獲得率が倍々にも増えてかなりオトクです。

本人確認書類
運転免許証があれば運転免許証のみでOK。その他の身分証(健康保険証、パスポート、住民基本台帳)の場合、公共料金領収書や住民票などの補助書類が必要になります。

MNP予約番号
現在の電話番号を楽天モバイルで引き続き使いたい場合に必要です。詳しくは、MNP で確認しましょう。

楽天会員用のユーザID、パスワード
必須ではありませんが、楽天会員になっていれば申し込みが簡単になります。また、プラン「スーパーホーダイ」を利用する場合は楽天会員でないと割引が受けられませんので、先に楽天会員になっておきましょう。